リョウシンJVのジェネリックはあるかどうか調べてみました。

 

またリョウシンJVの名前の由来や、塗り薬についても調査しました。

 

リョウシンJVにジェネリックはない

 

リョウシンJVにジェネリックはあるのでしょうか?

 

リョウシンjvのジェネリック

 

ジェネリックがあれが同様の効果がある医薬品が、本来の価格よりとても安く購入できるので、とても魅力的ですね。

 

気になったのでジェネリックがあるか調べてみました。

 

結論から言ってしまうと、残念ながらジェネリックはありませんでした。

 

そもそもジェネリックとは、新薬が作られてから数年から十数年経ってから開発されるものです。

 

ですから発売して間もない商品にジェネリックができることはないんですね。

 

ですからジェネリックは存在しないのです。

 

同成分を含み価格が安い製品としてよくあげられるのが、アリナミンEXプラスです。

 

しかし主成分が同じだけで、添加物に違いがあり、全く同じものではありませんし、期待できる効果も違います。

 

アリナミンEXプラスの方が価格面では、低価格で買いやすいという意見もあります。

 

しかし、おなじ効果が期待できない以上、価格を比較しても意味がありません。

 

さらに、初回限定半額購入や、購入後利用できる定期購入などを使えば、価格差もそれほど大きくないんです。

 

リョウシンJVと由来は!?どんな意味があるか調べてみました

 

リョウシンJVの由来、どんな理由で商品名が決められているのでしょうか。

 

リョウシンjvの由来

 

気になったので由来を調べてみました。

 

まず、商品名にある「リョウシン」には「両親」に「良心」を届けるという意味で名付けられ、これが商品名の主な由来となります。

 

また製造秘話として、開発元である富山常備薬の社長である薄井啓介さんの思いも由来に繋がります。

 

社長自身、両親が間接痛で傷んでいる姿を見て、少しでも楽になってもらいたいと考え作られたそうです。

 

そしてその由来をもとに、どんな製品であるべきなのか、どういうふうに使ってもらいたいのか、成分だけでなく販売方法までしっかりと考えられて作られているのです。

 

まず、飲み込む力が衰えてきたご両親の為に、1日1回飲めば効くように、成分を配合してあること。

 

そして、続けやすい価格での提供にこだわったり、さまざまな考慮が加えられているわけです。

 

調べてみて、とても素敵な由来だと思いました。

 

私もその商品名の由来に感化されて、「両親」に「良心」を届けたくなりました♪

 

リョウシンJVは塗り薬が話題、人気の秘密はコレ

 

リョウシンJVの塗り薬として開発、発売された軟膏が新サリトロンSです。

 

リョウシンjvの塗り薬

 

錠剤タイプは、飲んで体の内部から痛みの軽減に効果がありますが、軟膏は気になる幹部に直接塗る塗り薬となっています。

 

以前から錠剤タイプを飲んでいる私は、さらに効果を得たいと思い、この塗り薬を使ってみることにしました。

 

塗り薬の使用方法はとても簡単で、気になる幹部に1日2〜3回、適量を塗布するだけです。

 

私は、最近ひどくなった腰痛を和らげたいと思い、腰から背中にかけて塗ってみました。

 

すると塗り薬を塗った幹部がじわじわっと暖かく感じてきて、1時間ほどですーっと痛みが引いていくように感じました。

 

錠剤では内側から、塗り薬は外側からダブルパンチで、幹部の痛みを効率よくとってくれるのはありがたいですね。

 

錠剤タイプをもう使ってるよ!という方で、より早く効果を得たいなら、この塗り薬タイプも同時に試してみることをぜひおすすめします。

 

錠剤タイプがまだの方は、錠剤タイプも人気なので、こちらもチェックしてみてくださいね♪